血液型占いの真相

血品種占いというものがありますよね。
血品種を通じて、性格の売れ筋が違うとか、性格があるとか何かと言われていますね。
ホンマかどうか分かりませんが、病気に加わりづらいとか、蚊が親しむ血品種があるとか、そういうことはあるようですね。
むかし、とある番組の実験を見たことがあるのですが、まったく幼い幼稚園の子供たちを血品種特別自由に遊ばせてみたというのです。
すると、A品種の子供たちは靴を正しく並べて置く子どもが多く、B品種はざっくばらんであったり、O品種はみんなと遊ぶのがびいきなど、それぞれに売れ筋が出たというのです。
ちょっとアンビリーバブルでしたが、それほどの違いがあるのでしょうか。
因みに身はO品種で、病気に加わりにくい流れがあるというので喜んでいました。
ですが、きのう聞いた話では、長生きの100年代を超えて要るお年配にはB品種が多い傾向があるとのことです。
B品種はあっけらかんとしていると言われているので、気にしない性格だからかななどと勝手に憶測しました。
血品種別の性格の傾向があるのかは分かりませんが、そんなに言われてみればAB品種の自分って不思議に憶えるはありますね。
所見ですが、友達の間でもAB品種の側は、目的やスタンスが独創に感じる箇所があります。
生れつきっぽく見えますが、何とも楽しそうでねたましいですね。

ミュゼ表参道

琉球ガラス製作体験してみた

15通年頑張ったお役回りを諦めることになり流れも落ちついたので、思う存分行きたかった沖縄へ旅立ちをめぐって参りました。
今回の旅立ちの対象は、琉球ガラス製作体験という青い洞窟でのシュノーケリング体験。
琉球グラス製作はとっても楽しかっただ!一旦、選ぶ色つやや形の様々が多すぎでわかりません(笑)色つやだけでも「こういう色つやはこの主旨」とかがあり、1色つやに選べず、只「給与運気・役回り運気・友達の運気」ので「オレンジ・緑・イエロー」の三色つやにすることにしました。
通常運動していないせいか、ガラスに息吹をふきかけても相当膨らまず、ここにきて行動手薄を実感するは想定もしませんでした(笑)でもできたグラスを見ると、頑張った論拠と行く先への希望に満ち溢れていた力作が出来た、といった我ながらプライド作品としていまでもとことんリカーグラスとして使用しています。
青い洞窟でのシュノーケリング体験は、実際きれいで今からワクワクしました。
最終は沖縄の通りを愛車で運転しながら見物。
沖縄の名物のソーキそばにラフテーにタコライスにたくさんの地元の物を頂き満足した旅立ちでした。
また瞬間を見つけて旅立ちに行きたいだ。
今度は寒い部位、北海道なんていいかなぁ・・・こちらもメニューが楽しみです!